経営ピンチ!そんな時の助け舟|事業者ローンの利用は業者探しが肝

不動産でお金を借りる

住宅

ローンの種類

ローンには様々な種類があります。昔はローンといえば住宅ローンがメインでしたが、様々な用途で使うということがありますので、そのニーズに応えたローンが生まれています。不動産担保ローンもその1つです。不動産担保ローンとは、その名前の通り不動産を担保としてローンを借りるということです。不動産担保ローンをするメリットはいくつかありますが、一番の良いところは大口の資金を低金利で借りることができるということです。不動産を担保としていますので、返済ができなかった際にでも、不動産を差し押さえることによって、貸した側が損をしないという仕組みになっているからです。そのため、普通にお金を借りるよりも貸した側にとってはリスクが少ないのです。

利用の仕方は

不動産担保ローンは先ほども述べたように大口の資金を低金利で借りることができるメリットがありますが、もちろん資金を返済できなくなった時に、不動産をとられてしまうというデメリットももちろんあります。そのため、返済は計画的に行わなければなりません。しかし、具体的に分かりやすい担保があるため、それほど審査に時間がかからないということもあります。普通のローンの審査であればそれなりの時間がかかりますが、最短で銀行によっては翌営業日に審査が通ることもあります。またローンについては資金の使用する内容が決められていることが多いですが、不動産担保ローンではその内容が決められていないこともありますので、便利なのです。