加圧シャツは中学生でも使えるものなのか

加圧シャツは中学生でも使えるものなのか

 

中学生の自分の息子に加圧シャツを着せてダイエットをさせたいとお考えの親御さんも少なくないようです。息子が太って来たと感じている親御さんも少なくないでしょう。

 

 

特に思春期を迎えだす中学生あたりの年齢になると、身体も大きくなる時期でこれまでよりもたくさんのご飯を食べる必要がありますからね。私も中学生の時には毎晩3合を平らげる程の大食い中学生でしたよ・・・。(笑)

 

 

まぁ私の話しはさておき、縦に大きくなってくれるだけで良いのですが、脂質や炭水化物の摂りすぎ、さらにはストレスなど色んな要因が組み合わされてしまいますと、太りやすくなる事が分かっているようです。どうやらストレスを感じる事で分泌されるホルモンである、「コルチゾール」があまり身体には良くないみたいですね。

 

 

さて、どうしても太ってしまうと体力的にもスポーツに取り組んでいる子どもは痩せなければいけませんし、これから成人した時の健康面まで考慮するのであれば、間違いなく早い内から痩せておいた方が良いに決まってます。

 

 

痩せさせるためには運動や食事制限などがありますが、数あるダイエット法の内の1つが加圧シャツを着る事です。元々は私のような太ったメタボのおっさん向けに作られた加圧シャツですが、中学生でも着る事で効果は感じられるのでしょうか?

 

中学生でも効果アリ

 

ぶっちゃけ言えば加圧シャツは中学生が着ても痩せる事は出来ると思っています。そもそも危険な医薬品や年齢制限のあるサプリメントではなく、ただのインナーシャツが締め付けが強くなっただけの商品ですので、子どもが着た所で健康面については心配する必要はないと思います。

 

 

加圧シャツを着て、毎日適度なウォーキングやランニングをしていけば間違いなく痩せるでしょう。大切なのは、加圧シャツを毎日着用し続け、諦めずに筋トレや有酸素運動に励む事。

 

 

途中でダイエットが苦しくなって、挫折して以降ずっとサボってしまったんでは体型が変わる事はないでしょう。1日休んでも良いですので、痩せたいのであればコツコツと積み重ねていく事が求められます。

 

 

学校時には外しておいた方が良い

 

ただし加圧シャツは思っている以上にガンガン締め付けてきます。そりゃ加圧シャツですから、圧力が無いんじゃ困りものですが。(笑)

 

 

体質や肥満の程度によっては、息苦しさを感じてしまう場合もあるようなので、学校で授業を受けている時ですとか部活の最中は外しておいた方が良いかもしれません。あくまでも自宅にいる時に簡単に引き締めてくれるようのアイテムとしての使い方が良さそうです。

 

 

ちなみに私の着ている金剛筋シャツであれば、血管が押さえつけられてめまいや呼吸に障害が出てくる事はありませんでした。加圧シャツにも当たり外れが多いようですので、1番選ばれている失敗しない加圧シャツを選ぶのであれば金剛筋シャツがおすすめですよ!